AZ-1を中心にガルィングな車を紹介するウェブサイト "ガルウィングエモーション"略して"ガルエモ" ガルエモのTOPへ戻る
AZ-1 GOODS
ABOUT AZ-1
■開発の歴史
 初期のスタディ
 1/5から1/1樹脂モデルへ
 ランニングプロトタイプ
 AZ550デザインの開始
 東京モーターショー出品
 最終レンダリング
■AZ-1諸表
 Specifications
 Epuipment
AZ-1各モデル
カタログ
GOODS
■GOODS
   
DXポピニカ ストライカー
■DXポピニカ ストライカー

数少ないAZ-1のグッズの中で最もポピュラーなのがこのDXポピニカのストライカー。発売当時4980円。ストライカーとは、子供向けヒーロー特撮「ブルースワット」の劇中で登場したAZ-1の名前で、そのおかげでこうしておもちゃとして存在しているのです。ちょっとした超合金チックな感じで、左右のガルウィングドアとリアエンジンフードの開閉が可能です。自分の愛車のAZ-1を作るならこれをベースにするのが手っ取り早いでしょう。

  DXポピニカ ストライカー
   
プラデラ ストライカー
■プラデラ ストライカー

上記のDXポピニカと同じく、バンダイから発売されていた「プラデラ」というシリーズのストライカーです。その商品面から想像できうる通り、プラスチックのおもちゃで、出来はかなり幼稚で細部の作り込みはまったくなされていません。ガルウィングは運転席側のみ開閉可能です。

  プラデラ ストライカー
   
モーターファン別冊AZ-1のすべて
■モーターファン別冊
 AZ-1のすべて

AZ-1のことをよく知りたいと思うなら発売当時の資料を入手することが一番の近道でしょう。これもその一冊。開発秘話から発売に至るまでのデザイン展開など豊富に掲載されています。おなじく、GOLD CAR TOPの別冊としてもAZ-1の本が発売されてましたが、買いそびれました。(てゆーか、当時にこれを買っていた自分に拍手!)

   
   
GOLD CAR TOPテレカ
■GOLD CAR TOPテレカ

GOLD CAR TOPの別冊として発売されたAZ-1特集ムックの懸賞としてプレゼントされたテレフォンカードです。

   
   
溝呂木 陽氏の水彩画
■溝呂木 陽氏の水彩画

この額に入った一枚の水彩画にAZ-1が描かれています。この水彩画は、AZ-1が発売された当初AZ-1を一ヶ月モニターとして貸し出すというキャンペーンがオートザムで行われたそうです。モニターとして選ばれたのは全国で3人程度だったはずで、その抽選に惜しくも漏れた人の中から数名にAZ-1関連の賞品がプレゼントされたそうです。その賞品としてプレゼントされたのが、この水彩画だと、これを譲っていただいた前オーナーさんは言っておられました。確かにAZ-1の発売当初にそのようなキャンペーンがあったような記憶が記憶の片隅にあったりするんですが、やっぱりよく思い出せないし資料もありませんのでハッキリしたことは闇の中ですね。

 
溝呂木 陽氏の水彩画
さてこの水彩画についてなんですが、絵の下に「MIZOROGI AKIRA.」と署名があります。これは「紙のクルマ」などで有名なイラストレーターの溝呂木 陽さんのことではないでしょうか?確かに溝呂木氏の絵のタッチにこのようなものもお見受けできます。オートザムが全国キャンペーンの賞品として出した物だということを考慮すると、これは溝呂木氏が書いた物であることは間違いないのではないかと、勝手に喜んでみたりするんですが、本当のところはどうなんでしょうかねー?
     
     
GULLEMO? >>> ABOUT AZ-1 >>> MY AZ-1 SPEC >>> MODIFY >>> DIARY >>> EVENT REPORT >>> ANOTHER GULLWING >>> PRODUCT >>> BBS >>> LINK >>> HOME >>>
GULLWING EMOTION CREATED by TOMO-SR from SIDE-7 最新のFLASHプレイヤーのダウロードはこちらからどうぞ!>>>