AZ-1を中心にガルィングな車を紹介するウェブサイト "ガルウィングエモーション"略して"ガルエモ" ガルエモのTOPへ戻る
AZ-1&CARA 20th Anniversary A20
 
■REPORT 36/36
 


ということで、楽しかったA20は終わりました。
今回は、オーナーとしての参加ではなく、
いちギャラリーとしての参加だったこともあり、
事前にあのパーツをつけて、あそこをモデファイして
といった準備に走り回ることもなく、
単純明快にAZ-1を見て楽しみ、久しぶりの再会に感動し、
心の底から楽しめました。
参加して良かった〜!

いや、やっぱり躊躇したところもあったんです。
A10とは天と地のように状況も変わっているし、
どう考えたって、この不景気の状況で、
「AZ-1がね20周年でね、広島でね・・・」なんて
言うてる場合じゃなかったんですよね。
A10の頃と違うのは、仕事がないので、暇だってことかな?
あ、AZ-1もないし、お金もないな〜。
ま、いろいろ年をとるとともにありますよね。
A20に集ったAZ-1オーナーのみなさんもいろいろあると思います。

単純に車が好きで、いじって走って楽しかった時代は
結婚して、子供が生まれて・・・と
家族を持つ事で、追いやられてしまう事も多いと思います。
この時代をどう生き抜くか・・・ですよね。
自分の好きな車くらい、自由に乗って楽しめることの贅沢さ。
重いですね。
フェラーリやランボルギーニのような、
マンションとか家が買えるくらいのスーパーカーじゃなくって
軽自動車なんだけどね、それもままにならない、
この今の状況をなんとか打破したい!

私自身の中では、ここ数年は、人生の谷を彷徨っています。
早く谷から脱出して、山を登れるようにがんばろう、
そうして、またAZ-1のガルウィングを開けて、
シートに座りたいですね。
その日がいつになるか、わからないけど、
今回のA20に参加したことで、グズグズしてちゃダメだな〜
って、背中をガツンと押されたような気がします。

今回A20に参加させてもらって、一番の衝撃だったのは、
TAKさんのオリジナルの自作ワイドボディ、AZONEでした。
FRPなんて触ったこともなかったTAKさんが、
やる気と情熱で、ここまで作り上げるとは・・・。
お金があれば、どこそこのワイドボディが買える、
あのショップのエアロが買える・・・でもそうじゃなくて
自分の思い描く理想の車を求めて・・・作る!
そこにも、お金がさらにある人は、
プロに注文してということになるんでしょうが、
TAKさんは、たった一人でこれを成し遂げた。
これこそ、車が好きな人の情熱の結晶ですよね。
言葉でスゴイスゴイって、簡単に言えるけど、
ここまでやるのは、並大抵じゃないと出来ません。
ここまで至る作業工程を想像すると、それはそれは大変だったと思います。
でもその大変さも、形あるものに出来た時に、報われるんです。
しんどくて、くじけそうで、でも頑張って、やりきった。
素晴らしいことです。

とても勇気とやる気をもらいました。
まだ、FRPで形になっただけと、TAKさんはおっしゃってました。
まだこの先、完全に完成と言える日までは、
道のりは長いと思いますが、ぜひとも完成させて頂きたいと思ってます。
(勝手に完成予想を作っちゃいましたけど・・・お許しあれ!)
●TAKさんのサイト→TAK's GARAGE "Cars"
●TAKさんのみんからブログ→TAK's GARAGE


そうそう、AZ-1が100台以上も集ったA20でしたが、
リトモのワイドボディキットを装着した車は見かけませんでした。
それと、A20のパーティー会場で上映されていたブルースワッットを見て思ったことですが、
この手のヒーローものに登場したヒーローが乗る乗り物を
実車で再現する方って、昔はチラホラ見かけたんですが・・・
ナイト2000しかり、デロリアンしかり・・・
ウルトラ警備隊の車とかはそんなの見た事あるんですが、
かく言うこのブルースワットのストライカーを実車でやる方って、いませんね。
車の外側にゴリゴリにロールバー装着するのが
今の規制に引っかかるのでしょうけど、やってみても面白いかな〜と。
でもやるなら、普通にAZ-1があって、もう1台で・・・でしょうけどね。


さて10年後のA30はどうなっているんでしょうか?
ひとまずA10からA20までの10年。
A10のレポートがまだ残ってるわけで、
このガルエモも10年はなんとか生き残っているわけで、
またAZ-1に乗れるその日まで、しぶとく続けて行こうと思います。

ということで、あーだこーだと、いろいろ書いてきましたが、
あうまでも、私の個人的な記録ということで、
ご容赦くださいませ。
たまに忘れた頃に見直して、やる気を出したいと思います。

A20で再会できた、イーヨーさん、くぼっちさん、
やっと出会えたiZさん、TAKさん、
マイスター鈴木さん、ゴン太さん、
その他のみなさま、どうもありがとうございました!
A30でまた再会致しましょう!


PS:そういえばA20の開催日の2012年10月7日、
   JFN系で放送されている山下達郎 デンデーソングブックは、
   番組放送開始20周年を迎えました。
   A20の会場をカメラ抱えて走り回っていたときはすっかり忘れてましたが、
   家に帰って来て録音した番組聞きながら、思い出しました。
   さて、この番組もあと10年続くでしょうか?
   と、そんなことを考えながら、本日のサンデーソングブックを聞きながら、
   A20レポートアップいたします。


2012.10.28(SUN) TOMO-SR

           
  <<< BACK      
NEXT >>>
           
序章1234567891011121314151617181920
21222324252627282930313233343536参加全車両
GULLWING EMOTION CONTENTS >>> GULLEMO? >>> ABOUT AZ-1 >>> MY AZ-1 SPEC >>> MODIFY >>> DIARY >>> EVENT REPORT >>> ANOTHER GULLWING >>> GULL-RING >>> PRODUCT >>> BBS >>> LINK >>> HOME >>>
GULLWING EMOTION CREATED by TOMO-SR from SIDE-7 最新のFLASHプレイヤーのダウロードはこちらからどうぞ!>>>

 

ガルエモのサイトTOPへ戻る ガルエモのサイトTOPへ戻る