AZ-1を中心にガルィングな車を紹介するウェブサイト "ガルウィングエモーション"略して"ガルエモ" ガルエモのTOPへ戻る
ホーン交換
 
  ■ホーン交換 1/1
     
  ホーン交換をすることに   バンパーを外すのが面倒くさい   交換するのはBOSCHのラリーストラーダ
  早く換えたいと思いながらも、後回しにしてきたホーン交換をすることにしました。ホーンって以外に押さないので、あまり重用視してなかったのですが、あまりにチープな純正の音質にはホトホト嫌気がさしておりました。  

純正のホーンは、正面向かって左。ちょうど運転席の正面、フロントバンパーの裏側についてるんですが、バンパー外すの面倒だったので、配線をなんとか抜きました。

  交換するホーンは、廃車になる家族車であったセルボモードのお下がりのBOSCHラリーストラーダを装着することにしました。
           
  やっぱりこの状態のまま放置してしまった   このままじゃ車検に合格できん!   フォグのステーに共止めしました
 

作業した日が夕方からだったので、日がすぐに暮れてしまい、ひとまず配線だけ済ませて、箱の中にホーンを置いてそのままにしておきました。で、結局そのまま2ヵ月経過!

 

さすがにこれでは車検にも合格できないので、ちゃんと固定しなくちゃいけません。エーモン等のステーでどこかに固定しようかと考えたのですが・・・。

 

私のM2には、ちょうどぴったしの位置にフォグランプのステーがあり、そのステーのボルトにホーンを共止めすることにしました。

           
  配線だけは防水処理しないと   フォグのちょうど後ろに置いてます   三角板もなんとか収まりました
 

ホーンの装着場所としては問題ない場所です。配線だけは防水処理しておかないと、ちょっと危険かな?

  フォグランプのちょうど後ろ側にホーンが装着されております。   もともと三角板がボンネットを占領していたのですが、ホーンを取り付けてもなんとか三角板も置き場所が確保できました。これでよし!
           
  <<< BACK      
MODIFY TOP >>>
GULLWING EMOTION CONTENTS >>>GULLEMO? >>>ABOUT AZ-1 >>>MY AZ-1 SPEC >>>MODIFY >>>DIARY >>>EVENT REPORT >>>ANOTHER GULLWING >>>GULL-RING >>>PRODUCT >>>BBS >>>LINK >>>HOME >>>
GULLWING EMOTION CREATED by TOMO-SR from SIDE-7 最新のFLASHプレイヤーのダウロードはこちらからどうぞ!>>>