AZ-1を中心にガルィングな車を紹介するウェブサイト "ガルウィングエモーション"略して"ガルエモ" ガルエモのTOPへ戻る
1/5Little Forty
 
  ■1/5Little Forty 1/10
 

Little Fortyが完成したとき、その独特のフォルムに感激しました。
その独特のフォルムもAZ-1に装着してしまうと、アイデンティティである
左右4本のテールエンドしか見ることが出来ない。
本来のマフラーの役目としてはそれでいいのであるが、
せっかくのこのフォルム、どうにかならないものかと、
Little Fortyを作ってくれた大洋モータースの若大将と話をしていた。
その時、なにげに会話の中ででてきたのが、Little Fortyのミニチェアモデルである。
ミニチェアといっても、どれくらいの縮尺で作るのか、完成を想像できなかった。
ちょうど少し前に、BEAT用マフラーの3/5サイズのマフラーを依頼されて作ったのを見せてもらっていた。
3/5の縮尺のマフラーは、想像以上に大きかった。
カートとかのマフラーにちょうどの大きさかもしれない。
重量感や迫力はすごく感じたが、机の上に置くにはかなり大きなサイズでした。
だとしたら、机の上に置ける大きさでなんとか・・・
という会話から、本当にここまで来てしまいました。

いやはや、まさか本当に作ってくれるとは思いませんでした。
縮尺は本物のLittle Fortyの1/5。
素材はオールステン304、縦約130mm、横約165mm、高さ約70mm、重さ約370グラム。
手に持つと、じんわりとメタルの重量感が伝わってきます。
細部に渡るまで忠実に再現されたミニチェアモデルです。

このミニチェアモデルの製作にあたって、専用の工具作りから始まったそうです。
製作工程に関しては、本物のLittle Fortyとほぼ同じ。
強いて言えば、パーツそのものが小さすぎて、作業しづらかったそうです。
ひょっとしたら、本物作るよりもパワーがかかってしまった感は否めません。
遊びで始まったこの企画ですが、出来上がりは超真面目です。
今回この1/5Little Fortyは、注文した私と、作っていたら自分も欲しくなった若大将用を含め
全部で7セット分の製作素材を作ったそうです。
まー製作工程が本物と同じことを考えると、違うのは材料費くらいなもんだそうで、
そこから換算した価格はえらいこっちゃ状態です。
そこはちょいと抑えてもらったものの、ついたプライスは目玉飛び出ますよきっと。
でもM2-1015のバンパーステーに定価払うこと思えば、まだ納得価格です。
(だってかっかた手間暇と完成度が違いますからね。 )
ただ、これは売るのが主目的ではなく、ただ純粋にミニチェアモデルが欲しかったというところから
作られたものですので、売れるとは考えてはいないようです。(有る意味私も同意見!)
ということで、それでも興味のある方は、大洋モータースさんに問い合わせてみてください。

GULLWING EMOTION 管理人:TOMO-SR

 
  <<< BACK      
NEXT >>>
GULLWING EMOTION CONTENTS >>> GULLEMO? >>> ABOUT AZ-1 >>> MY AZ-1 SPEC >>> MODIFY >>> DIARY >>> EVENT REPORT >>> ANOTHER GULLWING >>> GULL-RING >>> PRODUCT >>> BBS >>> LINK >>> HOME >>>
GULLWING EMOTION CREATED by TOMO-SR from SIDE-7 最新のFLASHプレイヤーのダウロードはこちらからどうぞ!>>>